/

この記事は会員限定です

天坊昭彦(20)選択と集中

製油所停止 新日石と提携 上場へ自前主義を転換

[有料会員限定]

上場に向けた第1次中期経営計画は事業構造の改革、資産のスリム化、上場企業にふさわしい経営の仕組みの整備――の3つを目標に掲げた。

事業構造の改革ではこれからの出光の姿として、単独で続ける事業、他社と組む事業、やめる事業に整理した。すべての事業を出光だけで手掛ける自前主義の転換であり、一連の事業整理を2006年に予定する上場までに終えることを目指した。

重い決断となったのは、精製能力の削減と新日本石...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

天坊昭彦

出光興産は実業家の出光佐三氏が興した石油会社です。バブル経済の終わりとともに経営危機に陥った時、天坊昭彦さんは経営改革に立ち上がり、上場を果たして同族経営に終止符を打ちました。挑戦を続けた天坊さんが改革の舞台裏を含めて、波乱の半生を振り返ります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン