/

この記事は会員限定です

移民と日本社会 永吉希久子著

受容の影響を多面的に議論

[有料会員限定]

2018年12月に出入国管理及び難民認定法が改正された。新たな在留資格「特定技能」の創設は国会でも大きな論戦となり、人々の耳目を集めた。その特定技能外国人労働者の受け入れが19年4月から始まることもあり、関連する書籍もさまざま出版された。

従来の移民関連書籍は、在日韓国朝鮮人の問題であったり、日系人や外国人技能実習生の問題であったりと、個別のトピックに焦点を当てた研究が多かった。ところが、この1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン