移民と日本社会 永吉希久子著 受容の影響を多面的に議論

2020/4/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2018年12月に出入国管理及び難民認定法が改正された。新たな在留資格「特定技能」の創設は国会でも大きな論戦となり、人々の耳目を集めた。その特定技能外国人労働者の受け入れが19年4月から始まることもあり、関連する書籍もさまざま出版された。

従来の移民関連書籍は、在日韓国朝鮮人の問題であったり、日系人や外国人技能実習生の問題であったりと、個別のトピックに焦点を当てた研究が多かった。ところが、この1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]