去年の雪 江國香織著 小説の語りは時空を超える

2020/4/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

題名も装幀(そうてい)も、それから本の厚みも、穏やかさと慎(つつ)ましさを身に纏(まと)った江國香織の最新長編は、しかし大変な野心作である。読み出してすぐ、これはこれはと驚嘆し、興奮しながら一気に読み終えた。

冒頭は「市岡謙人」が事故で死ぬ場面である。だがそれは一段落のみで途切れ、次に「三保子」が電話で事故死した人の話を聞いている。当然、読者は「市岡謙人」のことだと思うのだが、彼女が口にするのは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]