/

この記事は会員限定です

天坊昭彦(15)バブルの終わり

薄い危機感 膨らむ負債 投資抑制の訴え届かず

[有料会員限定]

1991年7月、取締役経理部長として帰国した。取締役になる感慨より、3年ぶりに本社に戻って戸惑ったのは、ロンドンから見ていた日本についての認識と、社内の受け止め方の違いだった。

日経平均株価は89年を頂点に下落に転じた。主要都市の地価も91年には下落の兆しが強まっていた。ロンドンの金融関係者らと話をすると、バブル経済は終わり、デフレが始まるとの見方で一致していた。

しかし、社内では株価下落は一時的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

天坊昭彦

出光興産は実業家の出光佐三氏が興した石油会社です。バブル経済の終わりとともに経営危機に陥った時、天坊昭彦さんは経営改革に立ち上がり、上場を果たして同族経営に終止符を打ちました。挑戦を続けた天坊さんが改革の舞台裏を含めて、波乱の半生を振り返ります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン