春秋

2020/4/5付
保存
共有
印刷
その他

半世紀ほど前「大阪戦争」「東京戦争」を呼号し、世界革命を目指して、交番や警察署に火炎びんを投げつける若者たちがいた。通称「赤軍派」という。「日本のレーニン」なんて異名をとるトップに率いられたが、山梨県の山中で武装訓練を企てて一網打尽にされる。

▼追い詰められた残余の面々9人は革命の根拠地を求め、民間の航空機を乗っ取り、北朝鮮入りを図った。世に言う「よど号ハイジャック事件」である。50年前の3月31日に起き、4月3日には韓国で、日本の政治家を身代わりに乗客全員を解放、9人は平壌で投降している。5日には機体と政治家が無事日本へ舞い戻った。

▼9人は北朝鮮で暮らすうち、自らの理論の誤りを認めて、同国流の思想に感化されたと伝わる。うち5人は病気などで死亡した。メンバーの一部や妻らは日本人拉致に関わった疑いでも国際手配されている。現在はその絡みで日本へ引き渡されることは「冤罪(えんざい)」と拒みつつも、よど号事件は反省するというスタンスらしい。

▼残る4人も古希を過ぎた。「革命」は自民党政権で多用される世である。われわれは『明日のジョー』――。若き赤軍派たちはハイジャックの声明文で人気漫画を引き、こう述べた。作品のヒーローは世界戦で健闘むなしく敗れ、灰のように真っ白に燃え尽きている。人生の暮れ方、どんな思いが胸を去来しているだろう。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]