/

この記事は会員限定です

コロナショック 金融システムに波及警戒を

山口広秀 日興リサーチセンター理事長 吉川洋 立正大学長

[有料会員限定]
ポイント
○超金融緩和が生んだ資産価格バブル崩壊
○米での影響はリーマン危機上回る可能性
○流動性確保や公的資金活用へ準備進めよ

世界保健機関(WHO)が「パンデミック」と認定した新型コロナウイルスの感染拡大による暗雲が国際経済社会を覆っている。今や世界の総人口の約4割が外出禁止などの状況に置かれている。日本でも多くの自治体が外出自粛を要請した。先進国の経済社会は、歴史上経験したことのない急ブレーキを余儀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン