移民の経済学 友原章典著 海外事例が示す日本の指針

読書
2020/4/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人々が国境を越えて自由に移動できるならば世界の国内総生産(GDP)が約150%も増えると推計される一方で、先進国の制度・組織が途上国のように劣化して、世界のGDPが約10%減るとの試算もある。育児支援の外国人労働者を受け入れれば、子育てが容易になって子供が増えるとも言われるが、女性の社会進出の加速によって低収入男性が増えて晩婚化や未婚化が進み、かえって子供が減るとも主張されている。

本書では、移…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]