6/4 21:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,695.74 +81.98
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,760 +30

[PR]

投資番付

フォローする

先進国債券型の運用成績 インフラ関連上位に
投信番付

2020/4/2付
保存
共有
印刷
その他

世界的な低金利が続くなか、投資家は少しでも高い利回りの確保を目指している。債券を投資対象とする投資信託の分野では、リスクを取って国債以外の債券を組み入れて運用成績の向上を図る動きが活発だ。過去3年間(今年2月末時点)の先進国債券型投信の運用成績をみても、その傾向が出ている。

上位に目立つのがインフラ関連企業の債券や欧州ハイイールド債券などを組み入れる投信。首位は三菱UFJ国際投信の「三菱UFJ/AMPグローバル・インフラ債券ファンド<為替ヘッジなし>(毎月決算型)」だった。世界の公益、通信、エネルギーなどの企業が発行する米ドル建て債券が投資対象だ。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリスクを回避するために現金化を急ぐ動きが出ており、国債やハイイールド債を含めたすべての債券が売られている。先進国型債券投信の運用成績も急速に悪化。相場の乱高下が続くと予想され、運用成績改善には時間を要するだろう。

(ファイナンシャルリサーチ代表 深野康彦)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム