/

この記事は会員限定です

「感染爆発」 社会をどう守る(複眼)

賀来満夫氏/釜萢敏氏/立川夏夫氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が止まらない。国内でも東京都の小池百合子知事が「感染爆発の重大局面にある」と述べ、外出の自粛を呼びかけるなど、危機感が広がっている。救える命を救い、社会を守るために今何が必要なのか。専門家に聞いた。

◇ ◇ ◇

救命の医療資源を集中 東北医科薬科大特任教授 賀来満夫氏

21世紀になって様々な新しい感染症が現れたが、全世界にこれだけの勢いで流行するものは初めてだ。2009年の新型インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4031文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン