「AI創作物」権利 議論途上 フランシス・ガリ氏
世界知的所有権機関事務局長

瀬川 奈都子
グローバルオピニオン
2020/4/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

知的財産をめぐるルールは、いまや国や企業の競争力を握る重要な鍵だ。技術革新は、この知財ルールに新たな挑戦を突きつけている。近年、世界知的所有権機関(WIPO)が特に注力して取り組んでいる問題がある。人工知能(AI)がつくりだした発明や創作物に知財権を付与すべきかどうか、付与するならばどのようなものであるべきか、だ。

AIは社会や経済に大きな影響を与える。だが、影響力は研究途上だ。影響力をコントロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]