ロボ事業 仕事を整流化
仕事人秘録 安川電機会長 津田純嗣氏(17)

仕事人秘録
2020/4/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 担当するロボット事業の立て直しは急務だった。

ロボット事業部は顧客の要求に応えるため、設計から生産までを最短時間で走り、クレームが出たら事後対応をきちんとすれば問題ない、という職人気質が強くなっていました。準備に手間をかけて、失敗で後戻りしない仕事方法に変えようと語りかけても、それまで成功していただけに組織の文化は強固でした。

打ち出したのは「仕事の整流化」です。3次元CAD(コンピューターによ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]