/

この記事は会員限定です

ストリートアートの素顔 大山エンリコイサム著

多様な作風と関心のありか

[有料会員限定]

現代アートの概説書には「ストリートアートは1970年代のニューヨークでヒップホップとともに誕生し、キース・ヘリングやジャン=ミシェル・バスキア、そしてバンクシーのような評価の高い作家を生み出してきた」という類の解説がよく載っている。決して間違いではないが、しかし過度な単純化による見落としが少なくないのではないか。かくいう私自身そうした解説を書いた過去があっただけに、本書を通読して強い自戒の念に囚(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン