赤神諒「太陽の門」(36)

赤神諒「太陽の門」
2020/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

「この街で安全な場所はリックのそばくらいだから、ボディガードにね。いつ死んだって、文句ひとつ言えない状況だけれど――」

「ふうん。確かに、おきれいね」

言葉を重ねながら、ブランカはまじまじとゲルダの顔を見つめた。

「あんたたち、よくわかり合っていらっしゃるようだけど、恋人なんだってね」

ゲルダは、苦笑いするリックと顔を見合わせると、妖艶な笑みを浮かべた。

「大人にはね、色々込み入った事情があるのよ」

「子…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]