英語は想像と感覚で理解
仕事人秘録 安川電機会長 津田純嗣氏(14)

仕事人秘録
2020/3/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 13年の米国赴任中、英語の語彙力は感覚で磨いた。

学生時代から英語に親しんではいましたが、赴任早々、聞く能力が最悪だと再認識させられました。ビジネス英語の語彙力も全然足りず、辞書を引いて業務文書や英字紙を読みましたが、時間がかかって仕事になりません。

諦めて、知らない言葉の意味は前後の文脈や米国人の使い方から勝手に想像しよう、感覚で理解しようとむちゃな決断をしました。今でも日本語に訳せない英単語…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]