/

この記事は会員限定です

金融・財政政策の連携強化を 異次元緩和、8年目へ

ポール・シェアード ハーバード大学シニアフェロー

[有料会員限定]
ポイント
○金融・財政政策の完全分離、ときに弊害も
○現状では日銀に国債購入規模拡大の余地
○過度な財政健全化策は政策の選択肢奪う

マクロ経済政策には、完全雇用および物価の低水準での安定を維持する役割がある。従来の枠組みでは、金融政策と財政政策を厳格に分離し、マクロ経済の安定化は政府から独立した中央銀行に主に委ねられていた。この仕組みは多くの経済状況で適切に機能するものの、一部の状況ではうまくいかない。マクロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン