画家のまなざし(4) G・カイユボット「バルコニー、オスマン通り」
画家 齋藤芽生

美の十選
2020/3/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

印象派の画家を経済的に援助した庇護(ひご)者としてのカイユボットより、やはり断然、画家としての彼の視点に興味がわく。

19世紀末にはすでに写真技術が生まれ、例えばドガの構図などにもその影響はある。弟のマルシャルが写真撮影したパリ風景と相互関係はあったとしても、カイユボットのまなざしの瞬時性はもっと現代の映像の一コマに近いようなもので、面白い。とめどなく動き続ける都市生活と人々の忙(せわ)しない仕…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]