/

この記事は会員限定です

コロナ対応で再度強化必要 異次元緩和、8年目へ

伊藤隆敏 コロンビア大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○価格の上方硬直性強くインフレ率は停滞
○資産買い入れ増額や対象資産拡大検討を
○財政出動、教育・医療の生産性向上も必要

2013年1月に日銀と政府がインフレ目標政策の枠組みで合意し、同年4月に黒田東彦総裁が量的・質的金融緩和(異次元緩和)を始めてから7年がたつ。

この間、日本経済は潜在成長率を上回る成長を達成し、失業率は大きく低下した。人手不足が多くの業種でみられ、労働参加率も上昇を続けてきた。実体経済は好調だが、実質賃金の顕著な上昇はみられず、インフレ率も1%以下の期間が長く続く。19年には戦後最長の景気拡大も達成し、後はインフレ率が目標の2%に向かって上昇するのを待つだけという状況だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン