ウイグル人 トルグン・アルマス著 身命を賭した未完の歴史書

2020/3/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

危険な本だ。原本はもちろん、日本語訳も中国へ持ち込んだらどうなるか、わからない。

ウイグル人の作家トルグン・アルマス(1924~2001年)が、民族的矜持(きょうじ)をこめて書いた歴史書である。一般向けの啓蒙書だが、学術書的な見解も述べる。中国の言論環境が激変した1989年に、新疆ウイグル自治区で出版されたが、すぐに発禁となった。著者は糾弾され、政府の監視下に置かれた。中国政府と対立する世界ウイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]