/

この記事は会員限定です

大坪清(20)セッツ救済

レンゴーが衝撃のM&A 「板紙でトップに」統合派を説得

[有料会員限定]

財テクの失敗で窮地に陥った板紙メーカー2位のセッツを、段ボール最大手のレンゴーが救済合併する第一報が報じられたのは1998年2月。板紙製造でも4位のレンゴーとセッツの合併で板紙市場で王子製紙を抜きトップに立つという業界では衝撃のM&A(合併・買収)だった。

私はレンゴー社長の長谷川薫さんから何度も相談を持ちかけられた。まず、合併前にセッツの債務整理がどの程度進むのか。主力銀行の住友銀行との交渉が不可欠で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大坪清

段ボール国内最大手、レンゴー会長兼社長の大坪清さんは住友商事入社2カ月余りで製紙会社に出向となります。早くから年長の経営者と渡り合い、住商では紙パルプ部門の大黒柱に。請われて社長に就いたレンゴーを大きく成長させた大坪さんが波乱に富んだ半生を振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン