科学の菊池家 知られざる活躍を地元で調査
数学や物理学 一族の史料を整理し出版 平城元

岡山
2020/3/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

菊池大麓(だいろく)(1855~1917年)は日本で初めての洋数学者だ。幕末から明治期にかけて英国に2回留学し、帰国後は大学教授や文相を歴任した。父や子ら一族も学界をリードする碩学(せきがく)で、菊池家は日本の近代科学の草創期に大きく貢献したといえる。

ただ、みな慎み深い性格だったようで、自らの業績を喧伝(けんでん)することはなかった。岡山の津山藩にゆかりがあり、私の生まれ育った真庭市の下呰部(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]