/

この記事は会員限定です

モーツァルト愛の指揮者 楽団50年の歴史に幕

さりげない哀愁 偽作も未完作も演奏 門良一

[有料会員限定]

モーツァルトこそ究極の音楽だ。そう信じる私は1970年、モーツァルト室内管弦楽団を設立し、指揮者として彼の音楽を追求し続けてきた。拠点とする関西のクラシック音楽ファンから「モツ管」と呼ばれ親しまれてきたが、創立50年と私の80歳を機に、楽団に幕を下ろすことにした。

彼の音楽は、少し聴くとただただ美しい。だがよく聴くと哀愁や憂いがさりげなく表現されている。英雄的なイメージのあるベートーベンとは全く違...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン