利害得失「見える化」努力を 新型感染症対策の検証
喜多全好 富士通総研チーフシニアコンサルタント

2020/3/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○感染症の被害は人的資源の低下が中心に
○予測困難だが可能な限り想定外を減らす
○継続すべき業務の精査と打ち手の準備を

新型コロナウイルスの影響は大きく広がり、3月11日には世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)を表明した。感染者を確認した国と地域は既に100を超え、企業活動、業績への影響も深刻な状況になってきている。

企業がこのような困難な状況に直面した際の対応力、適応力、ある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]