9/25 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ、続落で始まる 米景気懸念やハイテク株売り
  2. 2位: 米株安横目、粘る日本株 「3低」バネに伸びしろ期待[有料会員限定]
  3. 3位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  4. 4位: 「オフィス解約、ほとんどない」東急不HD・西川弘典社長[有料会員限定]
  5. 5位: 西武、今期の最終赤字630億円 資本増強や資産売却検討

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

投資番付

フォローする

スイスフラン上昇加速 一段の利下げ観測も
通貨番付

2020/3/17付
保存
共有
印刷
その他

スイスフランの上昇が加速している。対ユーロで1ユーロ=1.05スイスフラン後半で推移し、およそ4年8カ月ぶりの高値水準となっている。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済の不透明感が増していることを受け、投資家が逃避先としてスイスフランにお金をシフトしている。

永世中立国のスイスは、有事の際に通貨が買われやすい。米中貿易戦争やイラン問題を背景にじりじりと上昇していたが、新型コロナの影響で年初から一段と買い圧力が増した。通貨高は輸出に依存するスイスの時計メーカーなどにとって打撃で、経済の下振れ懸念は強い。

注目は19日のスイス国立銀行(中央銀行)の金融政策決定会合だ。現在の政策金利はマイナス0.75%と主要国で最低水準にある。通貨高を抑えるため、一段の利下げに踏み切ると予測する声もある。

(ジュネーブ=細川倫太郎)

13日までの1週間で米ドルが買われた。新型コロナウイルスの感染拡大によるドル調達への懸念から買われた。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム