/

夢のハズフォルニア

SmartTimes インディゴブルー会長 柴田励司氏

ハズフォルニアをご存じだろうか。カリフォルニアではない。ハズフォルニアだ。愛知県西尾市の寺部海水浴場「旧幡豆(はず)郡」のこと。地元の一部の人たちが、この地域を盛り上げようと幡豆からもじってつけた名前と聞く。

1985年上智大文卒。マーサ-ジャパン社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブの最高執行責任者(COO)などを経て、2010年インディゴブルー社長、15年から会長。

我々は地域活性化という言葉を気軽に使う。地元民からすると、これに違和感があるという。主語が違うというのだ。確かに、その地域に住んでいる人間の言葉ではない。なんらかの企画を実行して地域に人を呼び、お金を落としてもらう仕掛け人が使う言葉だ。地域の話はあくまでも地元の人たちが主体であるべきだ。地元の人たちが、自分たちが楽しくなることを自由にやる。その魅力に外の人が引き寄せられる。この流れでないと続かない。

女性の活性化、多様化の推進。こうした言葉をよく目にするが、いずれも地域活性化と同じ使われ方だ。その言葉を使っているのは当事者ではない。仕掛け人や施政者だ。当事者が自由に楽しいことをやれる環境を整えること、その成果を世の中に知らしめること。それが地元外からの正しい影響力の行使の仕方だ。

ハズフォルニア運動の中心人物の鈴木達朗さん、松澤聡さんはともにアラサーの若者だ。高校卒業後、海外放浪の修行に出てハズフォルニアにたどり着いた。古民家を改造して民泊施設にしたり、海の家を開設したり、コミュニティーFMとコラボして番組を放送したりしている。そこに集客という目線はなく、あるのは自分たちが楽しいこと。彼らの話を聞くと、その様子を見に行きたくなる。

なんでもそうだ。いわゆる営業トークに遭遇すると一気に冷めてしまう。買うか買わないかは、合理的な判断に委ねることになる。商品・サービスの提供者の楽しさに触れると違う。その楽しさに共感した買い手の感情が動く。買うことの合理性はその後だ。

自由に楽しいことをやるのは若い人がいてこそだ。多くの地域から若者が流出している現状では夢物語と否定されそうだが、私はそうは思わない。年齢関係なく、自由に楽しいことをやればいい。ただ、年齢を重ねていくと社会規範という見えない鎖につながれがちだ。そうではない。鎖などない。仲間をみつけて自分のできることをして、自分の居場所をより楽しくする。その感覚でいいのだ。

ハズフォルニアのインスタグラムは地区の組合長(57)が趣味で写真を撮ってアップしている。楽しんでやってくれてるので続いているという。かくいう私も58歳。新しいことをやるのに年齢は関係ない。

今年のハズフォルニアの海の家は4月中旬のオープンと聞く。自分の地域を盛り上げたい方、はたまた大企業の中で停滞している方におすすめだ。手ぶらで出かけて海辺に座り、ハズフォルニアの空気を堪能してみてはどうか。

[日経産業新聞2020年3月13日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

詳細はこちらから

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン