人材確保通じ企業にも利益 同一労働同一賃金の課題
水町勇一郎 東京大学教授

2020/3/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○改正法施行を控え誤解や脱法的な動きも
○待遇改善で求人力高める取り組みが進展
○政府は中小企業のニーズに応じた支援を

正規・非正規労働者間の「不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにし、我が国から『非正規』という言葉を一掃する」(働き方改革実行計画)。こうした目標を掲げて定められたパートタイム・有期雇…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]