東北の失われた街、模型に刻む
震災前の記憶を聞き取り復元 槻橋修

宮城
カバーストーリー
2020/3/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2011年の東日本大震災とそれに伴う津波で東北・関東地方の多くの街が失われた。建築家、そして大学で建築を教える者として何ができるだろうかと考えた。思いついたのは、それらの街を地図や写真をもとに縮尺500分の1の模型として復元することだった。

白い模型を被災地に運び、現地の人々に話を聞く。ここに何がありましたか、屋根は何色でしたか、どんな思い出がありますか……。証言によって模型に色が塗られ、思い出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]