/

この記事は会員限定です

震災復興 9年目の教訓(複眼)

御厨貴氏/大山健太郎氏/田中俊一氏

[有料会員限定]

東日本大震災から11日で9年を迎える。政府の「復興・創生期間」は残すところ1年となり、インフラの復興はメドが立ってきたが、原子力発電所事故の処理や被災地の産業復興はまだ先が見えない。令和の時代に考えるべき震災の教訓を3人の識者に聞いた。

◇ ◇ ◇

縮小型の未来像も示せ 東大先端研客員教授 御厨貴氏

2011年4月に東日本大震災の復興構想会議がスタートしたとき「創造的復興」を掲げた。東北は開発から最も取り残された地域だったが、復興の過程で先進化し、全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4011文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

震災9年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン