/

この記事は会員限定です

英国貴族、領地を野生に戻す イザベラ・トゥリー著

生態系の変化、瑞々しく写す

[有料会員限定]

本書はイギリス南部にあるクネップ城に住む準男爵・バレル家が、自分の領地である1400ヘクタールもの農耕地(4キロメートル四方で1600ヘクタールである)の耕作を止(や)め、そこにイギリス本来の自然を取り戻そうとする壮大な試みの過程を綴(つづ)ったノンフィクションである。

農業は自然に寄り添った営みのように思われがちだが、その土地本来の植生に関わらず、人が望む単一の植物を大量に栽培し、他の植物も動物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン