/

この記事は会員限定です

動物に「心」は必要か 渡辺茂著

擬人主義に潜む危険を暴く

[有料会員限定]

私たちはつい、人間的な価値観をあてはめて動物を見てしまいがちだ。外が寒ければ服を着せたくなってしまうし、口角をあげていれば「笑ってる!」と大はしゃぎで写真を撮ってしまう。もちろん日常生活の中でなら、そこにも一定の有効性はあるだろう。

しかし、こうした擬人主義には根本的な危険性がある、と著者は言う。本書は、実験心理学を専門とする著者が、進化論や心理学、はたまた哲学や宗教の歴史をひもときながら、擬人主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン