/

この記事は会員限定です

卍どもえ 辻原登著

平成の時代と女のはばたき

[有料会員限定]

題名からわかるように、女性同士の恋愛を描いた谷崎潤一郎の名作『卍(まんじ)』にオマージュを捧(ささ)げた長編である。とはいっても、そこは当代きっての技巧派作家である辻原登のこと、その「オマージュ」のあり方は一筋縄ではいかない。

物語は『卍』同様、2組のカップルを軸に展開する。有名デザイナーの瓜生とその妻ちづる、語学学校を経営する中子と旅行会社に務める妻毬子。ともにかなり裕福な暮らしを営む、勝ち組と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン