/

この記事は会員限定です

エジソンと京都をつなぐ竹の縁、発明王ゆかりの品

父の指示で収集、子孫と交流も 立本信

[有料会員限定]

米国の発明王、トーマス・エジソン(1847~1931年)は140年前、白熱電球を実用化するにあたって、京都府八幡市内の真竹を材料に使った。八幡で生まれ育った父、三郎はエジソンにほれ込み、その発明品を集めてきた。2004年に亡くなった後は私が受け継ぎ、発明王の子孫との交流も続けている。

エジソンが八幡の真竹を使ったのは、電流が流れると発光する線状のフィラメント。炭素フィラメントの白熱電球を開発した彼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン