4/6 14:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,406.47 +586.28
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
18,260 +580

[PR]

投資番付

フォローする

低リスクのバランス型、成績は 世界8資産に分散、効果
投信番付

2020/2/27付
保存
共有
印刷
その他

資産分散の効果でリスクを抑え、より高いリターンを狙うのがバランス型の投資信託だが、組み入れ資産の違いなどでリスクの大きさはまちまちだ。リスクが低水準のバランス型の成績はどんな状況か。10年上昇率ランキングで確認してみた。

首位の「世界8資産ファンド」は約77%上昇。新興国を含む内外の株式、債券とREIT(不動産投信)を対象として固定配分比率に沿って組み合わせ、各資産をアクティブ運用する。全8資産がそろって上昇した時期もあるなど、資産分散が効いた。

目標年に向け時間の経過とともに運用リスクを低減していく「ターゲット・デート・ファンド」と呼ぶタイプも上位に目立つ。2位の「三井住友・DCターゲットイヤーファンド2030」もその一つで約74%上昇。

世界的な金融緩和といった市場環境に支えられた面はあるが、上位10本は60%超の上昇とまずまず。リスクが低めのバランス型投信を長期投資の選択肢に入れてみてもよさそうだ。

(QUICK資産運用研究所 高瀬浩)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム