/

この記事は会員限定です

広がるサブスクリプション(下) 多様化・個人向けに進化も

根来龍之 早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○デジタルや消費者の意識変化で誕生した
○顧客ごとの最適なサービス提供も可能に
○本質は定額制ではなく新たな価値の提案

新しい言葉が意味のある概念であるためには、存在しなかったものを表現し、かつ将来に向けて意味のあるトレンドに沿った概念である必要がある。

サブスクリプション(サブスク)はまず、LTV(ライフタイムバリュー=顧客生涯価値)を追求するモデルだと考えられる。LTVとは、1人の顧客がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2610文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン