安藤忠雄 建築を生きる 三宅理一著 人との出会いが鬼才を育む

読書
2020/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安藤忠雄の本格的な評伝であり、作品論である。もちろん、これまでにも多くの安藤に関する本が出版されているし、本人が語った自伝的な書籍もすでに刊行されている。では、何が新しいのか。それは国内外の事情に詳しい建築史家の三宅理一が、書き下ろしで執筆していることだ。

なるほど、あとがきで述べているように、そもそも世界中に存在する膨大な全作品を訪れ、未整理の資料をすべて参照することは大変である。宗教空間、「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]