/

この記事は会員限定です

安藤忠雄 建築を生きる 三宅理一著

人との出会いが鬼才を育む

[有料会員限定]

安藤忠雄の本格的な評伝であり、作品論である。もちろん、これまでにも多くの安藤に関する本が出版されているし、本人が語った自伝的な書籍もすでに刊行されている。では、何が新しいのか。それは国内外の事情に詳しい建築史家の三宅理一が、書き下ろしで執筆していることだ。

なるほど、あとがきで述べているように、そもそも世界中に存在する膨大な全作品を訪れ、未整理の資料をすべて参照することは大変である。宗教空間、「幾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン