広がるサブスクリプション(上) 「ユーザー重視」問われる
川上昌直 兵庫県立大学教授

2020/2/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○取引継続はユーザーの意思に委ねられる
○「気軽さ」と「お得さ」を利用者が感じるか
○自社の製品やサービスの価値見直しが先

サブスクリプション(サブスク)は「継続課金」や「定額課金」と認識されているが、企業が自動的に収益を継続させるための仕組みでは、決してない。そもそも予約購入や継続購入を意味する動詞「サブスクライブ」の名詞形なので、その主語はユーザーである。取引が継続するかどうかはユーザーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]