伊集院静「ミチクサ先生」(158)

伊集院静「ミチクサ先生」
2020/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

明治二十九年二月、菅虎雄から熊本の第五高等学校に赴任して欲しいという手紙が届いた。

菅は帝国大学の二年先輩で、ドイツ文学を専攻していた。英文学の金之助の評判を聞いており、話してみると人柄が良いのに感心し、何かと世話をしてくれた。菅は前年五高の教授に着任しており、優秀な英語教師を探していると校長から相談を受け、真っ先に金之助を紹介した。給与も、愛媛県尋常中学校より二十円多い、百円であった。

金之助…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]