伊集院静「ミチクサ先生」(157)

伊集院静「ミチクサ先生」
2020/2/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

その夜、夏目家の二人が引き揚げた後、今は鏡子の一家の住いになっている書記官長官舎の一室で、母のカツが鏡子に言った。

「あの人でおまえはよかったのかいね?」

鏡子はこくりとうなずいた。

「そりゃ、よかった。母さんも安心じゃ」

中根家は広島の人たちだった。

「顔のアバタは修整してあった」

「アバタ? 何の話じゃね」

「見合い写真には、顔にアバタはなかった」

「そう言えば、顔は少しそんなもんがあったね。それが嫌な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]