/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(157)

[有料会員限定]

その夜、夏目家の二人が引き揚げた後、今は鏡子の一家の住いになっている書記官長官舎の一室で、母のカツが鏡子に言った。

「あの人でおまえはよかったのかいね?」

鏡子はこくりとうなずいた。

「そりゃ、よかった。母さんも安心じゃ」

中根家は広島の人たちだった。

「顔のアバタは修整してあった」

「アバタ? 何の話じゃね」

「見合い写真には、顔にアバタはなかった」

「そう言えば、顔は少しそんなもんがあったね。それが嫌なの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン