移民問題を考える(下) 存在公認し支援体制 早期に
田所昌幸 慶応義塾大学教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2020/2/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○移民導入では少子高齢化は解決できない
○国レベルでの総合的な移民政策存在せず
○2世への初等中等教育の就学義務徹底を

欧米諸国で移民問題が深刻な政治的対立を生んでいるのは周知の通りだ。「リベラル派」は社会的弱者たる移民の権利保護を強調し多文化主義を推進してきた。しかし多数派の大衆には総じて支持されていない。

大多数の人々は、労働市場や福祉給付などで移民と競合するだけでなく、自分が生まれ育った…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]