伊集院静「ミチクサ先生」(152)

伊集院静「ミチクサ先生」
2020/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

先に湯船を出た子規は、金之助が湯船で泳いでるのを見て、苦笑した。コラコラ、秀才君、立札に、ここで泳ぐべからずと書いてあるぞ、と言いたかったが、金之助の好きにさせておいた。

帰りは松ヶ枝町の本通りを二人して歩いた。

格子越しに、女たちの二人を誘う艶やかな声が聞こえた。子規は、その声に笑ってうなずきながら通りの中央をゆっくり歩いていた。

いかにも楽しんでいるように映るが、子規は女たちの顔を碌(ろく)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]