乗務ローテ「見える化」
仕事人秘録 南海電気鉄道特別顧問 山中諄氏(10)

仕事人秘録
2020/2/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 南海電気鉄道の関連会社はバス事業から始まった。

道路網の整備に伴い、大正時代の末期からバス業者が存在感を高めました。南海は鉄道事業防衛のために既存のバス業者と提携・買収を急ぎ、自らも新規バス路線開設の認可申請を進めました。1928年に設立した「和歌浦急行」は南海の関連会社第1号で、33年には「南海バス」に社名を改めました。さらに買収した複数の会社を統合し、38年に「南海乗合自動車」を設立しました…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]