格差是正、停滞脱出のカギ
小林慶一郎 慶大客員教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2020/2/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○過剰債務が経済に不確実性と非効率生む
○マイナス金利は債務調整手法という面も
○個人の所得格差の拡大が長期停滞の一因

現在の経済政策の課題を「バランスシートの資産と負債の不均衡(=過剰債務)の調整」という観点から展望する。経済学の理論モデルでは「政府のバランスシートは、常に均衡する」という暗黙の仮定を置くことが多い。しかし現実の世界では、我々が過去何十年も経験しているように、政府が過剰債務に…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]