/

この記事は会員限定です

土佐凧、伝統の手作り 心の空高く揚がれ

1軒残った幕末からの工房守る 吉川毅

[有料会員限定]

高知に伝わる土佐凧(とさだこ)は戦国時代、長宗我部氏が使った兵器を起源とする。籠城戦の際、風を切る独特な音が敵に威圧感を与える。戦場の測量にも用いられた。材料が紙と竹であるのもコスト面で利点があった。

江戸時代に入ると兵器としての意味を失い、男の子の誕生祝いや、魔除(まよ)けや厄除(やくよ)けとして用いられるようになった。絵の背景を大きく赤く塗り染めるのもそれが理由だ。

土佐凧は正方形で、一角を上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン