琵琶湖の治水 命懸けで闘った庄屋の歴史すくう
人のために尽くす思想 古文書ひもとく 石田弘子

滋賀
2020/2/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

琵琶湖は明治期まで、雨が降ればすぐに水があふれ、近くの家や田畑を水びたしにした。湖水が流れ出る唯一の川、瀬田川の落ち口に土砂がたまり、水の流れが阻害されるのだ。特に江戸期の農民は水害に悩み、村々が協力して自費で川ざらえをした。先頭に立ったのが湖西・深溝村の庄屋、藤本太郎兵衛で、子孫3代にわたる尽力を、私は30年近く研究してきた。

深溝村のあった新旭町(現高島市)で私は生まれ育ち、町の教育委員会に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]