働く人の気持ちに配慮を
SmartTimes インディゴブルー会長 柴田励司氏

2020/2/9付
保存
共有
印刷
その他

1人の社員、アルバイトの行動で会社のブランドが毀損することがある。代表事例がバイトテロだ。

アルバイトが不適切動画をSNSに掲載する事件があった。事の重大さを理解していない悪ふざけだが企業や店舗のイメージダウンになるだけでなく、返金や商品の返品・交換および消毒、最悪の場合は閉店に追いやられることもある。

私自身、こんな体験をした。年末にハワイのホテルに滞在し、帰国後にクレジットカードの明細を確認…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]