/

この記事は会員限定です

プラヴィエクとそのほかの時代 オルガ・トカルチュク著

小さな村に流れる時間の物語

[有料会員限定]

プラヴィエクは急ぎ足で歩けば、端から端までほんの1時間で着いてしまう小さな村の名前だ。実在しないその村は、トカルチュクの故郷であるシレジア(ポーランド名はシロンスク)同様、様々な境界の交わる地点にある。国道や国境で仕切られているように見えて、じつは川や森や小さな道によって外部とつながる世界だ。

プラヴィエクでは人と動植物が肩を寄せ合い「可能な限りにおいて最善の道」を選びながら暮らしている。大なり小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン