プラヴィエクとそのほかの時代 オルガ・トカルチュク著 小さな村に流れる時間の物語

読書
2020/2/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

プラヴィエクは急ぎ足で歩けば、端から端までほんの1時間で着いてしまう小さな村の名前だ。実在しないその村は、トカルチュクの故郷であるシレジア(ポーランド名はシロンスク)同様、様々な境界の交わる地点にある。国道や国境で仕切られているように見えて、じつは川や森や小さな道によって外部とつながる世界だ。

プラヴィエクでは人と動植物が肩を寄せ合い「可能な限りにおいて最善の道」を選びながら暮らしている。大なり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]