ドイツは財政出動すべきか(下) 規律維持への政治合意 堅固
森井裕一 東京大学教授

経済教室
コラム(経済・金融)
2020/2/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○戦後ドイツはインフレ抑制が最優先課題
○改憲での起債制限に世論はほぼ注目せず
○連立政党代表交代も大きな影響なさそう

好況が長く続いたドイツ経済にも懸念要素がみられるようになり、国内でも財政出動を求める声が大きくなっている。だが容易には財政規律を巡る考え方は変わりそうにない。ドイツの財政規律問題は単なる経済政策の議論ではなく、背後に堅い政治的コンセンサス(合意)が存在し、制度的にも確立してい…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]