バス配属 ビールが決め手
仕事人秘録 南海電気鉄道特別顧問 山中諄氏(7)

仕事人秘録
2020/2/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 1965年4月に南海電気鉄道に入社した。トップは壺田修社長だった。

当時の南海は壺田社長が1959年に打ち出した「伸ばせ南海」というスローガンのもと、本業の運輸のみにこだわらず経営を多角化してグループの強化を進めていました。沿線の宅地開発を進め、新型の高性能車両を投入し、ホテルや旅館を経営、四国でのバス経営にも参画しました。さらに沿線のみならず南紀、四国、淡路島一帯にわたる「大南海圏」の形成を目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]